2021年11月12日金曜日

紀南にWEST EXPRESS銀河を追う②

前回は天候の急変に悩まされたWEST EXPRESS銀河の撮影ですが、
晴天時にリベンジすべく11月3日の文化の日に再び紀南を訪れました。

今回は快晴の空のもと無事、銀河を迎えることが出来ました。


新宮を出発した銀河は熊野灘を望みながら一路、京都を目指します。

銀河が通過する直前、特急くろしお1号パンダくろしお車の287系で現れました。

銀河紀伊勝浦での長時間停車を利用して先回りし、
湯川付近で河口の橋梁を渡る姿をカメラに収めました。

下里-紀伊浦神間の定番スポットでも銀河を確保。
風光明媚な紀伊半島らしい海との絡みを捉えられました。

紀伊田原-古座間の直線で面縦にも挑戦。
まずは銀河の直前にやってきたパンダくろしお(くろしお26号)で練習。

続いて本番、トンネルを抜けて次第に近づいてくる銀河をじっくり狙いました。

銀河はこのあと本州最南端の駅串本に向かいます。
 
今回の撮影記録を動画にもまとめました。
ぜひご覧ください!

2021年11月6日土曜日

紀南にWEST EXPRESS銀河を追う①

今年7月から12月にかけて紀勢本線(きのくに線)で運転されている
「WEST EXPRESS 銀河」を紀南で追いかけてみました。

往路(新宮行き)の銀河は夜行で紀伊半島を南下し、早朝に紀南に入ります。
9月の上旬、すさみ町見老津の漁港から日の出直前に銀河を捉えました。

見老津の漁港を望みながら新宮に向かう銀河を動画でも銀河しました。

朝焼けに照らされる見老津の漁港


ここから更に南下して銀河の撮影を続けます。

しかし、串本を過ぎた辺りから段々雲行きが怪しくなってきました。
晴れ間と分厚い雲が交錯する橋杭岩の空

紀伊田原-古座間のポイントに向かいましたが、
遂に雨が本降りとなり不鮮明な写真となってしまいました。

下里-紀伊浦神間で玉ノ浦の砂浜と共に銀河を撮影。
依然として雨が降っていましたが、
雨の多い紀伊半島ならではの写真と言えるかもしれません。

9月は雨に悩まされる結果となりましたが、
なんとかリベンジすべく11月にも紀南を訪れたので次回に綴りたいと思います。

2021年5月19日水曜日

工業地帯の先導役バトンタッチ

2021年1月、快晴の三重県四日市へ撮影に出かけました。

関西本線富田浜~四日市間で撮影開始。
快晴の空のもと快速みえ9号キハ75がやってきました。

今回撮影に訪れたのは海沿いの石油コンビナート近くのエリア。
幾つもの高い煙突や鉄塔が工業地帯を印象づけてくれます。

工業地帯で活躍するものとして欠かせないのが貨物列車。
関西本線では2021年3月まで国鉄型のDD51が牽引する貨物列車が残っていました。
この日、石油輸送のタンク車を引いてカメラの前に現れたのはDD51 857でした。

4両編成でやってきた特急南紀5号
昨年末から南紀の編成が変更され、
状況によって基本編成2両に増結車両を足して運行されるようになっています。

続いて現れた貨物列車には関西本線では新顔のDF200-205が先頭に立っていました。
ダイヤ改正以前から徐々にDD51と運用が置き換わっているようです。

少し場所を移動して富田~富田浜間の踏切にやってきました。

名古屋行きの特急南紀6号は3両編成での運転でした。

タンク車の先頭に立って現れたのはDF200-206
稲沢行きのこの列車もすでに運用が置き換わっていたようでした。

時間も夕刻に近づき次第に影が伸びてくる中、撮影を続けます。

帰宅ラッシュに備え、快速みえ18号は4両編成での運転

この日最後の撮影は三岐鉄道からのセメント列車。
この列車も先頭はやはりDF200JR貨物の世代交代を大いに実感した撮影となりました。


今回の撮影の模様はYouTubeにもアップしています。


↓かつてDD51が四日市で活躍していた様子は5年前の記事をご覧下さい↓
旅先で見つけた物: DD51が担う四日市の石油輸送