2016年8月26日金曜日

単線区間を往く近鉄特急

快晴の空の下、2両の普通電車が単線区間をゆっくりと進んでいきます。
先日近鉄志摩線に出かけ、じっくり近鉄特急を中心に撮影してきました。

近鉄志摩線は複線化改良が行われたものの一部で単線区間が残っており、
今回訪れた志摩赤崎~船津間では今でも特急が単線区間を往く姿が見られます。

登場から40年以上が経過してもなお特急の主力車両として活躍する12200系

先程は名古屋からの12200系でしたが、今度は上りの大阪難波行き12200系

1日1往復のみ名古屋から志摩線に入るアーバンライナーplus(21000系)

リニューアルして斬新な朱色が際立つ伊勢志摩ライナー(23000系)
快晴の空、背景の緑と重ねて見るとかなりの存在感があります。

伊勢志摩ライナーの通過後、次の撮影地に移動しようと船津駅に戻ると不意に踏切の音が…
すると本来運転日ではない筈の観光列車「つどい」が現れたので慌てて撮影

見たところ通常と異なる運転時刻に乗車しているのは殆どが小学生だったので
恐らく貸切列車としての運転だと思われますが、個人的には嬉しい誤算となりました。